ハリケーンで300匹以上の犬を自宅に避難させた男性

命がけで動物たちを守った男性の感動的な話を紹介します

 

その男性は10年前に、メキシコの動物保護施設「Sanctuario Tierra de Aninales」をスタートしました

施設をスタートする前からも、人生のほとんどを動物保護に費やしてきており、ヴィーガンの重要性も世界に発信している方です

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chino y Ricardo Pimentel(@chinopimentel)がシェアした投稿

 

そして2020年10月に大きな試練が訪れます

 

大型のハリケーン「デルタ」がアメリカ南部やメキシコに接近したのです

カテゴリー4に達する可能性のある非常に大きなハリケーンでした

 

その保護施設では、豚や鶏などの家畜用だった動物や犬など、多くの種類の動物が保護されています

しかし犬用の施設は、ハリケーンに耐えれる設備ではありませんでした

 

そこで男性は、犬たちを屋内に避難させると決心しました

しかしそれは、簡単なことではありませんでした

 

なぜなら300匹もの犬がいたからです

他の犬とけんかしやすい子も多く、そのような子は通常は他の犬たちと別の場所で過ごしていました

 

「すべての犬を一緒に」「いつもと違う場所」に集めることは非常にハードルが高くなることが予想されました

しかし丸一日かけて、すべての300匹の犬を自宅に移動させる作戦を決行しました

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chino y Ricardo Pimentel(@chinopimentel)がシェアした投稿

 

わんちゃんたちは最初は困惑しているようでした

しかし、避難してからはとても良い子にしていたそうです

 

わんちゃん達以外の動物も自宅に避難させました

ネコちゃんたちは息子さんのバスルームに、小動物(ヒヨコ、ハリネズミ、亀)は娘さんの寝室に避難しました

そしてハリケーンが直撃する夜には、無事に避難をし終えることができたのです!

 

しかし何とか無事に避難できたものの、その夜は自宅に避難した動物たちだけでなく、施設に残った動物たちも無事でいられるか心配でした

その男性はなかなか寝付けなかったといいます

 

そしてとうとうハリケーンは通り過ぎ、幸運にもみんな無事でいることができました

もちろんその夜は、家の中がわんちゃんやネコちゃん達のうんちまみれになったり、家の中の物が壊されてしまったそうですが、全く構わないといいます

 

 

ハリケーンの後に保護施設を訪れると、施設に残った動物たちはみな無事でした

 

すべての動物が無事だとわかり、その男性もほっと胸をなでおろしました

 

しかしハリケーンによって施設に大きな被害がでていました

 

何年もかけて動物が過ごしやすいようにつくってきた施設がこのような状態になってしまい、この男性は非常にショックだったといいます

 

現在は、スタッフや家族、ボランティアさんたちの手で、施設を元の状態にすべく前に進んでいます

 

男性は今後も、動物に対する尊敬・思いやり・共感のメッセージを世界に広げていきたいと考えているそうです

 

メッセージを多くの人々に理解しているため、その保護施設には誰でも訪れることができるようになっています

 

 

今回の動画は下記でご覧になれます

引用元:Youtube Guy Brings 300 Dogs Into His House During A Hurricane | The Dodo Heroes

 

この男性が運営する保護施設はYoutubeも発信しています

支援のためにもぜひ見て頂ければと思います

引用元:Youtube Rescate de animales de un caso de acumulación // Animal hoarding rescue

 

 

動物保護の動画は下記でも紹介しています

動物保護動画のまとめ

 

今回の記事が良かったなと思ったら、ぜひ下記のクリックをお願いします!

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村


ペットランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

Advertisement

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA