深い悲しみで半分の羽を失ったオウム、第二の人生で歌とダンスの才能が開花♪

動物が大好きで、わんちゃんやネコちゃんをもともと飼っていたクリスティンさん夫婦は、2020年3月にあるオウムの女の子を保護することにしました

 

実はこのオウムちゃんは、身体の約半分の毛がありませんでした

クリスティンさん夫婦の隣に住んでいた88歳の男性が、このオウムちゃんの前の飼い主だったのですが、飼い主が亡くなった悲しみのあまり、自分の毛を抜いてしまったのだそうです

 

写真を見るだけでもとても痛々しく、飼い主の死がどれほどつらかったかが伝わってきます

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kristin Sitova(@kristin_sitova)がシェアした投稿

 

クリスティンさんたちのケアのおかげで、本当に少しずつ少しずつ回復していきました

オウムちゃんは、オードリーと名付けられました

 

そして保護されて1カ月たった頃、オードリーにはある才能があることに気づきました

なんと「Old Town Road」という曲に合わせて、歌いながらリズミカルにステップをふんでいたのです

 

前の飼い主は、オードリーに歌とダンスの才能があるなんて、全く気付かなかったそうです

 

動画を見ると、本当に音楽に合わせて歌いながらステップをふんでいることが分かります

もしかしてクリスティンさんたちがダンスする様子を見て、自然に身に付いたのでしょうか?

 

その後、オードリーは色々な曲を聴くことで、ダンスの才能がさらにレベルアップしています!

 

初めてダンスした時に撮影された下記のYoutube動画と、現在のダンスが分かるインスタグラムの動画を見比べるとわかるので、ぜひ見てください♪

 

新しい人生をスタートすることで、新しい才能が開花したんですね

なくなってしまった毛が戻るかは分からないそうですが、オードリーの心の傷が少しでも癒えることを願うばかりです

 

動画は下記でご覧になれます

引用元:Youtube Cockatoo Sings, Shucks & Jives to Old Town Road

 

オードリーのダンスレベルがどれだけアップしているかは、下記のインスタグラムでチェックできます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kristin Sitova(@kristin_sitova)がシェアした投稿

 

動物の癒し動画は、下記でも紹介しています

動物の癒し動画まとめ

 

今回の記事が良かったなと思ったら、ぜひ下記のクリックをお願いします!

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村


ペットランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

Advertisement

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA